イメージ画像

最新情報

2011年5月1日免疫力を上げる方法
腸内の善玉菌を増やして免疫力アップ
2011年4月29日免疫力を上げる方法
自律神経と免疫力
2011年4月25日免疫力を上げる方法
免疫力を高めるポイント
2011年4月21日免疫とは
免疫力と年齢
2011年4月13日免疫とは
免疫の段階

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

腸内の善玉菌を増やして免疫力アップ

人間の腸は、微生物が繁殖しやすい条件になっており、病原菌が感染しやすい器官です。腸には毎日、食べ物とともに病原体が侵入してきますが、腸では、高度な免疫システムで、それらの病原体を排除していきます。

腸内には、数百種類の腸内細菌が繁殖しており、腸の表面はそれらの細菌で覆われています。これらの腸内細菌は、侵入してきた病原菌を排除するとともに消化吸収を助けています。腸内細菌は、年齢や食生活、ストレスなどによってバランスが変わります。

中高年になってくると有害菌が増えてきて、免疫力が低下しがちです。善玉菌を増やすためにも、ビフィズス菌などが入った健康食品などで善玉菌を取り入れると良いでしょう。また、十分な睡眠や適度な運動も善玉菌を増やすのに効果的です。

タグ

2011年5月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:免疫力を上げる方法

自律神経と免疫力

自律神経は、心臓や胃腸、血管など意識しなくても自動的に動いている内部器官をコントロールしている神経です。

これらの器官は生命を維持するために休むことなく働いています。

自律神経には交感神経と副交感神経の二種類があります。交感神経は体を興奮させる作用があり、副交感神経は、体をリラックスさせる効果があります。体が活発に動く昼間は交感神経が多く働き、眠っている間は副交感神経が働いています。

自律神経はバランスよく働くことが大切ですが、ストレスが多くなるとそのバランスが崩れてしまいます。ストレスによって交感神経が緊張状態に鳴り続けると、免疫力が低下し、リンパ球が減少するためにがん細胞が発生、増殖しやすくなるのです。

このため、できるだけストレスをためない生活を送ることが大切です。

タグ

2011年4月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:免疫力を上げる方法

免疫力を高めるポイント

免疫力を高めるには、次の4つのポイントが大切です

  1. 免疫細胞を活性化する
  2. 自律神経のバランスを保つ
  3. 粘膜(鼻やのど)を強くする
  4. 腸内の善玉菌を増加させる

免疫力を上げるためには、免疫細胞を活性化することが大切なことは言うまでもありません。そして、免疫細胞を活性化させるためには、自律神経をバランスよく保つことで免疫細胞が十分に力を発揮できるようにするひつようがあります。

そして、病原体が体に入らないように鼻やのどの粘膜を強化すると効果的です。

そして、体内で最大の免疫器官である腸の状態が免疫力を左右しますので、腸の善玉菌を増やして腸の免疫力を最高の状態にしておく必要があります。

タグ

2011年4月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:免疫力を上げる方法

免疫力と年齢

免疫力は年齢によって変化していきます。免疫力のピークは20歳前後で、その後はゆっくりと低下していきます。

また、食生活やストレスなどの影響でも免疫力は変化します。さらに、自律神経の作用により、天気によっても免疫力は変化します。

年齢とともに落ちていく免疫力を維持するには、栄養や睡眠を十分に取り、適度な運動を継続することが大切です。特に食生活については、現代人は乱れ気味ですので、バランスの良い食事、3食きっちりと食べる習慣などをつけることが大切です。食事の中でもたんぱく質が不足すると免疫力が低下するため、良質の動物性たんぱく質を適量、食べるようにすると良いでしょう。

さて、免疫力が年齢とともに下がる理由としては、T細胞の生成に関わる胸腺という器官が10代前半で完成し、20代ころから段々と縮退していくためです。40歳くらいになるとピークの頃の半分くらいの大きさになり、80歳以降はほとんどなくなってしまいます。T細胞は体内の残っているのですが、新しく作られる量が減っていくために免疫力が落ちていくのです。

ただし、免疫は、T細胞以外の仕組みもあるため、免疫力がゼロになるわけではありません。

タグ

2011年4月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:免疫とは

免疫の段階

免疫と言っても、白血球やリンパ球だけが免疫ではありません。

免疫には、物理的バリアーと呼ばれるものや、化学的バリアー、そして免疫細胞の3つの段階があるのです。

物理的バリアーには、皮膚や、鼻毛、眉毛、粘膜、咳、くしゃみなどがあります。さらに、化学的バリアーには、汗や皮脂、胃酸などの殺菌成分やインターフェロンやリゾチームなどの増殖抑制物質や破壊物質があります。

そして、最後にマクロファージや好中球などの貪食細胞やナチュラルキラー細胞などの破壊細胞などが活躍することになります。

風邪などの病気にかかりにくい人というのはこれらの免疫システムがしっかりと働いているのです。

タグ

2011年4月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:免疫とは

免疫と白血球、リンパ球

免疫に関連する仕組みとしては、白血球とリンパ球があります。本当は、リンパ球というのも白血球の一種なのですが、免疫の中では、とても大切な役割を担っていますので、普通は、両者を区別することが多いのです。

病気の種類によって、活躍する白血球の種類が異なり、ウィルスの種類によっても異なってきます。

リンパ球の中でもT細胞とB細胞は、中心的役割を果たします。T細胞は、病原体を認識して攻撃する時のいわば司令塔です。B細胞は、以前に体内に侵入してきた病原体を記憶しており、次に侵入してきた時に、抗体を出す役割を担っています。

また、最近では、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)という言葉もよく耳にします。NK細胞は、常に体内をパトロールしており、がん細胞などを発見すると攻撃して殺してしまいます。

病原体が体内に侵入するとそれを食べる細胞である「貪食細胞」というものが集まります。白血球の中でも半分以上を占める好中球がそれです。さらに、貪食細胞の中でもマクロファージは、ウィルスや細菌、感染した細胞など何でも食べてしまう細胞です。

さらに、これらの好中球やマクロファージでは、処理できない病原体の侵入があった時は、リンパ球が活躍します。キラーT細胞がウィルスに感染した細胞ごとウィルスを殺していきます。

また、NK細胞は、キラーT細胞とは別に、病原体に感染した細胞を攻撃します。

タグ

2011年4月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:免疫とは

免疫の仕組み

私たちが毎日、健康でいられるのは、免疫が作用していて、細菌やウィルスなどが体内に進入しようとするとすぐに排除できるためです。

そんな優れた「免疫」とは、どんなものなのでしょうか。

免疫という仕組みが分かるまでは、世界中で伝染病が流行し、多数の死者が出るという事が繰り返されてきました。しかし、死亡率が高いペストのような伝染病にかかっても、回復する人はいて、一度かかった人は再びペストにかかることはありませんでした。

こういったことから18世紀に、ジェンナーが種痘天然痘に対する予防接種を発見し、人には病気に対する抵抗力を持つ「免疫」という仕組みがあることが判明しました。

免疫は、伝染病だけではなく、かぜや細菌、ウイルスなど様々なものに働いていることが分かりました。また、今では、化学物質やがん細胞などに対しても働くことが知られています。

さらに、免疫力の主役としは、白血球やリンパ球など、いわゆる免疫細胞というものがあること分かりました。

さて、人の体は口から食道、胃、腸、最後は肛門と1本の管でつながっていますね。そして、最初と最後に当たる口と肛門は外界と接することになります。

この部分が一番、病原体が侵入しやすい場所になります。また、目、鼻、泌尿器、皮膚も外部と接触しており、ここも病原体が侵入しやすい場所です。

免疲の仕組みでは、こういった部分は通常、粘膜で覆われていますね。実は、その粘膜には殺菌成分が含まれ、免疫細胞も多く配置されているのです。もちろん皮膚も、汗などの分泌物に殺菌成分が含まれており、免疫によって守られています。

タグ

2011年4月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:免疫とは

岩盤浴で免疫力を高める

岩盤浴といえば、一時期大ブームになりましたが、実は、岩盤浴には免疫力を高める効果があるのをご存じでしょうか。

岩盤浴では、汗をかきますが、これは、温熱効果によるものです。これにより、体の代謝機能が高まり、免疫力が高まるという仕組み。岩盤浴によって、ナチュラルキラー細胞が効果的に効き、免疫力が高まるのです。ある調査によれば、岩盤浴をした後では、ナチュラルキラー細胞の活性度が1.5~2倍に上昇したそうです。

また、岩盤浴では、デトックス効果も期待できるため、健康につながるというわけです。

岩盤浴は、使われている鉱石から遠赤外線が出ており、これが体を内部から温め、自律神経を活性化、さらに新陳代謝も促されます。そして、鉱石からはマイナスイオンが発生しており、リラックス効果も期待できます。

岩盤浴には、免疫力を高める以外にも、冷え性の改善や老化防止、血液循環の改善、肩こり改善、神経痛改善、ストレス解消などの効果があるといわれています。ぜひ、岩盤浴で免疫力を上げてみてはどうでしょうか。

タグ

2011年4月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:体温と免疫力

ショウガで体温を上げる

昔から、体が疲れたら土の中で栄養をたっぷり貯めている根菜類を食べると体によいと言われています。特にショウガは、疲労回復によいとされています。

また、ショウガを食べると、体がほかほかと温かくなり、血行が良くなります。もちろん、体温が上がると病気に対する免疫力も上がってきます。ショウガをいつも食べている人は、風邪をひきにくいと言うこともあるようです。

ショウガはスライスしたり、すり下ろしたりと生のまま食べるのがよいようですが、温かい紅茶にすり下ろしたショウガを入れてショウガ紅茶にして飲むと美味しく、しかも健康にも良いため、オススメできます。また、ココアにショウガを混ぜてショウガココアにするのもいいですね。

ショウガには、多くの健康効果があり、特に体を温めて免疫力を高めることがポイントです。ぜひ、ショウガを上手に利用して免疫力を高めましょう。

タグ

2011年4月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:体温と免疫力

体温が1度下がると免疫力は…

多くの病気や体の不調の大きな原因となっているのが、実は体の中の冷えです。

これは、手足など体の末端が冷える「冷え症」とは、また違う症状です。体の中の冷えというのは、深部体温の低下と言えます。

深部体温の低下は、自覚できないため、知らない間にそうなっていることが多いようです。深部体温の低下は、基礎代謝の低下をもたらします。深部体温が1度下がると、基礎代謝は15%前後低下すると言われています。

ということは、脂肪がつきやすく、太りやすい体質になってしまいます。

さらに、免疫力の低下が起こります。深部体温が1度下がると、免疫力が約30%も下がるという説もあります。免疫力が下がると言うことは、当たり前ですが、病気にかかりやすくなります。

また、自律神経が乱れて、交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。そうなると、めまいや高血圧、耳鳴りなどの症状が出てきやすくなります。

その他にも内臓の体温が下がってくるので、内臓の働きが悪くなり、老廃物が上手く排出されなくなります。そうなると、便秘、むくみ、肌のあれなどにつながります。

そうして、体がだるくなったり元気がなくなったりと、体の深部の冷えは次々に悪影響を起こしていきます。

体の深部の冷えを防ぐためには、やはり湯たんぽや腹巻きなどで内臓を温めることが大切です。冬だけではなく、一年中使用すると良いでしょう。また、体温が上がると眠りも深くなり、体調も良くなります。ぜひ、湯たんぽや腹巻き使って、病気の予防に役立ててください。

タグ

2011年3月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:体温と免疫力

このページの先頭へ